カラフル 羽根

人気観光スポット

台湾格安航空券ツアーで人気のある観光スポットとして、湖口老街が挙げられます。ここは、赤いレンガの古い建物が立ち並び、ノスタルジックな雰囲気を体験することができます。
買い物天国とも言われている101階建ての高層ビル台北101や、昔ながらの町並みが残っている台北でもっとも活気がある歓楽街の台北駅南側から西門町、龍山寺エリアがあります。
六福村は遊園地と動物園が合体した最大のテーパパークとなっております。

□漢字で成立する旅行会話
台湾は、日本から飛行機で3時間程度と大変アクセスしやすい場所にあります。親日家が多く、食べ物も日本人の口に合った物がたくさんあります。
また、中国語を話すため、旅行会話は漢字で成立します。タクシーを利用する際、行き先を漢字で書けば理解してもらい、現地の言葉が分からなくても旅行会話程度なら、意志の疎通が可能です。
町にある看板も漢字表記なので、漢字が読めれば旅行会話は問題なく、日程を消化することができます。

□少しでも安く
少しでも安く台湾に行くのなら、格安航空券を有効利用することがポイントとなります。航空券は、閑散期、繁忙期で価格が大きく異なります。繁忙期は、ゴールデンウィークやお盆、それから年末年始です。
また現地に住む人が移動する旧正月も価格が上がります。閑散期は、年明けから旧正月に入る1月下旬まで、旧正月が終わり卒業シーズンが始まる前の2月下旬が、最も旅行者が少ない時期となります。この時期は、チケットの入手が容易です。

□台湾
台湾は、その昔日本の統治下に置かれた歴史があります。そのため、今でも日本語を理解する人が少なくありません。旅行会話ですが、筆談、高齢者の場合日本語が通じます。
統治前はインフラが整っていませんでした。しかし、統治下に置かれたことで病院が設置されたり、ライフラインが構築され、町が近代化していったのです。よって、庶民の生活水準がぐっと上がりました。そのため、反日感情が少なく、親日家が多いのはこう言った歴史的な背景があるからです。

空港 青い椅子

格安航空券について

旅行代を低予算で抑えたければ、航空券を安く抑えるのが一番です。格安航空券の探し方は、インターネットで検索するのが手っ取り早い方法です。
台湾行きの航空券については、日系航空会社よりもアジア系航空会社の方が安いことが多いです。また早期割引で何ヶ月も前に購入する方法もありますが、直前に売れ残ったチケットを安く購入するといった方法もあります。
条件に拘らなければ、正規運賃よりも半額以下の料金で購入することも可能です。

□台湾旅行会話
台湾での旅行会話は北京語や台湾語、英語などを話すと良いでしょう。北京語は日常的に話されている言葉ですが、近年は台湾人としてのアイデンティティの高まりから台湾語も少しずつ話される様になっています。
しかし日本人にとっては、北京語も台湾語も勉強したことがない人がほとんどなので、初めて話すには少し難しいでしょう。
英語が比較的通じるので、英語での会話の方がスムーズにいくでしょう。また場所によっては日本語が通じるところもあります。

□台湾について
台湾格安航空券の旅行は大変人気があります。アジア大陸の東南沿岸、太平洋の西岸に位置しており、欧米諸国を中心に美しいという意味のあるポルトガル語が原義であるフォルモサという別名が使用されているようです。
旧日本領でもあり歴史的にも関係が深く、地理的にも近い自由主義陣営の国家として、貿易をはじめ経済的交流が強い国でもあります。
民間貿易以外にも新幹線建設などもおこなっており、主要公共事業も日本企業によるものがあります。

□グルメについて
格安航空券の台湾旅行で人気なのがグルメツアーです。大変人気があるのが点心などで定番として外せないのが小籠包です。
豚のひき肉などを薄い皮に包み込んで蒸籠蒸しした包子で、薄皮の中に具と熱いスープが入っており大人気となっております。
格安航空券ツアーで、B級グルメを屋台で食べ歩きされる方も多く、夜市はナイトツアーでお決まりのスポットとなっております。
簡単な旅行会話を身に付けて、食べ歩きを体験するのはよい思い出になるようです。